コンセプト

HOME | コンセプト

Concept

コンセプト

日本と海外の架け橋になれる人材を目指す方々へのサポート

近年は様々な分野で国際化の流れが進んでいますが、日本の医療従事者も間違いなくそうした流れの中にいます。医療の重要な情報の多くは英語で発信され、国際的な人の移動が盛んな現代において、留学や就職を含めた海外における活動はもちろんのこと、国内で活動する場合でも語学力や海外の情報収集、集めた情報の価値の判断等の能力は今後より一層必要になるでしょう。国際化の流れに適応できる能力を有して、日本と海外の懸け橋となれる医療従事者を増やしたい。T's classroomはそのような思いを抱いて、活動を始めました。

このコンセプトを広げて、医療従事者以外の方も受講可能な英語教室の開催も現在は行っています。

また、英語等とは別に、痛みに関する講習会も開催しています。このことも上記のコンセプトに沿った活動の一環であり、専門分野における、海外の興味深い知識等を紹介することで、この分野における能力を高めて、日本と海外の懸け橋となれるようにサポートしていきたいと考えています。

医療従事者を中心としながらも、それ以外の方々も含めて、日本と海外の懸け橋となれる人材を増やすために、様々な活動を行っていきます。

国際的に活躍できる能力とは

国際的に活躍できる能力とは、いったいどのようなものを指すのでしょうか。第一は自身の強み、例えば専門分野の知識や技能を高めることであり、その他は目的などに応じて変わってくるでしょう。

しかし、一方では国際的に活躍している人々の多くに共通する能力、もしくは海外でよく求められる能力というものがあります。分かりやすい例が英語の語学力でしょう。旅行などでもそうですが、医療分野でも英語は国際共通語としての地位を確立していて、論文執筆や学会発表、留学などでその能力が求められます。また、英語の文献を読めるようになったら、その文献に書かれている医療の情報の質を批判的に分析できる能力が専門職にとって大切です。

英語を使って広く国内外から情報を集めて、その情報の質を判別して、自身の臨床、教育、研究などに活かすことができる能力が、国際的に活躍できることを目指す医療従事者にとって、共通の重要な能力になります。T's classroomではこのような能力を高めるためのサポートをしています。

 

痛みへのアプローチ

国際的に活躍できる医療従事者を目指すにあたり、語学だけでなく、専門家としての能力も大切です。一部の職種の間だけ、または一部の国や地域だけで認識されているような知識や技術ではなく、エビデンスによる裏付けがあり、他の職種の専門家にも認められるような知識や技術があってこそ、国際的に活躍できる能力を有する医療従事者になれると思います。

医療には様々な専門分野がありますが、T's classroomでは痛みに焦点を当てた講習会などを開催しています。

痛みについて、人々が医療機関を訪れる主な理由の一つであり、臨床で患者様と接する全ての医療従事者にとって重要な知識です。また、T's classroomの代表はイギリスの大学院でpain managementの学位を取得していて、大学院では医師、薬剤師、看護師、理学療法士など、様々な専門家と一緒に、痛みとその対応について学びました。そのため、痛みについて、職種の域に限定されない、幅広い知識を有しています。

痛みについて、現代的な痛みの概念に基づいた理解とアプローチを行うことができるように、重要なポイントを説明致します。痛みに苦しんでいる患者様と接する医療従事者の皆様にとって、有意義な内容になるように努めていきます。

 

Quality

T's classroomの強み

海外の大学院で学位を取得した講師が代表を務めます

イギリスの国立大学の大学院で医療分野の学位(修士号)を取得した日本人がT's classroomの代表を務めています。イギリスでは医師、看護師、理学療法士、薬剤師等の多様な職種の専門家と共に痛みのマネージメントについて勉強をしてきました。代表はオーストラリアでも医療分野(orthopaedic manual therapy)の勉強をして、certificateを取得しています。海外で得たこれらの経験は、当方の講習会の内容を充実したものにすることに役立っています。

 

代表は医療従事者でありながら、英語教授法のcertificateを持っています

T's classroomでは医療従事者向けの英語の講習会や英語教室も開催します。一般的に医療従事者向けの英語の指導は難しく、例えば英会話教室や大学等で働く、医療従事者ではない英語教師は英語やその教授法の知識はあっても、医療分野の英語の知識はそれほど持ち合わせていないと思われます。また、医療従事者の場合は英語の知識がある人でも、英語教授法の知識は持っていないことがほとんどだと思います。このことが医療従事者向けの英語指導について問題点として挙げられますが、T's classroomの代表は医療分野の経験を持ちながら、TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages:英語が母国語ではない人々への英語教授法)関連のcertificateも持っています。このことは当方の英語関連の講習会や英語教室をより魅力的なものにすることに貢献しています。